先島諸島火番盛
火番盛は1644年(琉球王府時代)、烽火制度により設置された通信施設で、海上を航行する外国船などを監視し、「のろし」をあげて石垣島にある王府の出先機関「蔵元」へと伝達する。火番盛は「遠見台」とも言われ、見通しのよい丘の上などに琉球石灰岩を積み上げて作られた。
<<戻る
 
八重山島風新着
上へ 石垣島ポータル−八重山島風
Copyright(C) 2007八重山島風. All Rights Reserved.