イベント 行事 気候
フェリーフェリー時刻表
特集記事
 

シリーズ「島を行く」

シリーズ「島を行く」
旅の先に待ち受けるものは・・・。八重山旅行記。
第1巻「西表島」 第2巻「鳩間島」 第3巻「黒島」 第4巻「波照間島」 
第5巻「竹富島」 第6巻「与那国島」 第7巻「小浜島」 第8巻「石垣島」

シリーズ「島を行く」 第一巻 西表島篇
パラダイス イリオモテ
作/スマオ 撮影/ソルボー 旅した時期/新暦7月
text/sumao photo/soulbose

最南端の大自然、太陽のパラダイス・西表。
最高にハッピーな海のガイド、まもなく開業。
島で生きる未来に、楽園の扉はひらかれる。

楽園の舞台裏に潜入!その顛末やいかに?


シリーズ「島を行く」 第二巻 鳩間島篇
鳩間ヤシガニ探検隊
作/スマオ 撮影/ソルボー 旅した時期/新暦7月
text/sumao photo/soulbose
青い海の彼方に、人口60人の珊瑚島。
世紀のへなちょこ探検隊、島にあらわる。
ヤシガニ踊る楽園に待ち受ける運命とは?

進め!ヤシガニ探検隊!涙と笑いの珍冒険


シリーズ「島を行く」 第三巻 黒島・新城島篇
黒島ビシビシ
作/スマオ 撮影/ソルボー 旅した時期/新暦7月
text/sumao photo/soulbose

日本の南のハート島、珊瑚と牛と人でもつ。
自転車でいつもの浜、漁船でまだ見ぬ海へ。
懐かしい顔が揃えば、島は今年も夏になる。

力の限り海となれ!体育会系海酒日記


シリーズ「島を行く」 第四巻 波照間島篇
パイパティローマ
作/スマオ 撮影/ソルボー 旅した時期/新暦1月
text/sumao photo/soulbose 

幻の楽土伝説がいざなう最南の島。
天下無双のおんな寅さんと初遭遇。
冬の波照間から新たな旅の幕が開く。

島を行く原点!珊瑚の果てに何が待つ?

シリーズ「島を行く」 第五巻 竹富島篇

竹富島で逢いましょう

作/スマオ 撮影/ソルボー 旅した時期/新暦2月
text/sumao photo/soulbose 

かわした約束は「竹富島で逢いましょう」
安里屋ユンタがまねく、懐かしき里の島。
記憶の日本へ、にわか家族が繰り出した。

やがて春。うつぐみの島を散歩人がゆく。

シリーズ「島を行く」 第六巻 与那国島篇
どなん大陸
作/スマオ 撮影/ソルボー 旅した時期/新暦10月
text/sumao photo/soulbose 

黒潮はじまる地、日本最西端の島。
それぞれの場所から導かれし旅人は、
嵐ふきあれる島で何を見るのか?

大いなる命よ、荒波を受けて立て!



シリーズ「島を行く」 第七巻 小浜島篇
ミルクムナリ2
作/スマオ 撮影/ソルボー 旅した時期/新暦11月
text/sumao photo/soulbose 

サトウキビ揺れる「ちゅらさん」の島。
いつかきた道をたどる旅人を
待つはミルクか明日の風か?

道なきをゆけ!果報の島をひとり行く。



シリーズ「島を行く」 第八巻 石垣島篇
ワクワク石垣
作/スマオ 撮影/ソルボー+スマオ 旅した時期/新暦6月
text/sumao photo/soulbose and sumao 

南風吹けば、みんなワクワク南島。
なつかしの地へ島ぞうりで繰り出せば、
我島アドベンチャーのはじまりはじまり!

またあたらしい島へようこそ! 最終巻、石垣島。

島を行くトップへ


Copyright (C) 2006 by SumaoBell All Rights Reserved.
 
 
スポンサードリンク





上へ トップページへ